駐車スペースを確保するためのエクステリア工事のポイントとは?

家族の形と暮らし方から考える駐車スペース

駐車スペースは設計からプランニング

住まいのエクステリアのプランニングをする際、駐車スペースの確保は大きなテーマです。

結婚して新居を構えた夫婦に子どもが生まれて家族が増えれば、大きなファミリータイプの車に買い替えることはよくあります。

また、家族に高齢者がいる場合や過疎地などでは、移動や送迎のための自家用車は生活に欠かせないものです。

エクステリアの中でも駐車スペースは建物の外観とのマッチングが大切なので、家族の人数やライフスタイル、玄関の位置、車を使用するシチュエーションを想定し、建物の設計段階から組み込んでプランニングするのが理想です。

オープンとピロティ、それぞれのメリット

エクステリア工事で駐車スペースを作る場合は、道路など外側の空間に面したオープン式と、建物内に組み込む一体式の二通りのスタイルが考えられます。

オープン式は、敷地を最大限に広く使える、車の出し入れがしやすい、塀や壁で囲まないことで圧迫感がない等のメリットがあります。

リフォームで駐車スペースを作りたい場合にもとり入れやすいオープン式ですが、車体が風雨にさらされたり、車体への防犯性が低くなることなどはデメリットです。

一体式は、建物の1階や地下部分などをガレージにすることです。

建物の敷地が十分に確保できない場合などに有効ですが、居住スペースとの兼ね合いが問題になるので、プランニングの時点で十分に検討しましょう。

1階の一部を柱のみにして吹き抜けにするピロティタイプは、開放感ある外観が特色です。

完全に建物内に組み込んだガレージにすれば、車体を保護できるだけでなくプライバシーも守られるという安心感があります。

オープン式 一体式

駐車スペースの「屋根」の機能に注目

天候から車を守る!

オープン式の駐車スペースは、屋根のある・なしで使い勝手が大きく変わります。

そのため最近は、低コストで屋根を設置するカーポートタイプにリフォームする例も増えています。

屋根があるだけで、車体が雨や雪から守られるだけでなく、雨の日の乗り降りが楽になり、バイクや自転車を置くスペースを作れるなどのメリットがあります。

屋根の素材は、地域特性気候、重視したいポイントに合わせて選びましょう。

比較的安価なアクリルは、耐候性と強度に優れています。

安全面重視なら耐荷重性・耐火性に優れたスチール折板や、遮光性・遮熱性・防錆効果が高いアルミなどがおすすめです。

合成樹脂では最も耐衝撃性が高く、防火性に優れたポリカーボネート樹脂の屋根は、紫外線も100%カットするので、車体の塗装面の劣化や褪色を防ぎます。

近年は、真夏の車内温度の上昇を抑える熱吸収タイプ、汚れを光で分解して雨水で洗い流す光触媒タイプなど、高付加価値な機能を備えたポリカーボネート素材も人気です。

なお、屋根付き駐車スペースのなどのエクステリア工事は建築物の扱いになるため、建築確認申請等の諸手続きや、構造計算などの専門知識が必要になります。

使い勝手の良い快適な駐車スペースを作るには、プロのサポートがあれば安心でスムーズです。