防犯のためのエクステリアの工事のポイントとは?

不審者が目をつけるエクステリアのウィークポイント

見通しの悪い勝手口(裏口)は泥棒の恰好の侵入ポイントに!?

空き巣などの侵入窃盗犯罪への対策を考えるとき、窓やドアなどの開口部ばかりに意識が向きがちです。

しかし不審者から見れば、実は玄関より外の「家まわり」、つまりエクステリアにたくさんのスキがある場合が多いようです。

窃盗犯などの不審者は、裏道や袋小路など、人の目が届きにくく見通しの悪い立地を好みます。

また、背の高い生垣などの植栽、敷地内への視線が完全に遮られる塀、外から誰でも容易に開錠できる低い門扉、オープンタイプの駐車スペースなどは、侵入経路になりやすいものです。

他にも、近所づきあいが希薄な地域や、ゴミや不用品が放置されている、庭木が手入れされずに荒れている様子などからは、他人に無関心で監視への意識が低いことが読み取れるため、不審者を招きやすいと言えます。

不審者を遠ざけるエクステリアとは

不審者が嫌うことは、まず「人の目」、「音」、そして暗い場所での「光」です。

高い塀で建物を囲むことは、一見すると防犯効果が高い印象ですが、不審者にとっても絶好の隠れ場所になってしまいます。

プライバシーは重視したいところですが、防犯対策としてはあくまで現実的な視点を持ってエクステリアのプランを構築することが大切なのです。

植栽や塀は低めに抑え、目隠しには外から存在が分かる柵などがベターでしょう。

2階のベランダからの侵入も多いので、駐車場はその屋根が足場にならないような配置にします。

ご近所の監視の助けが得られない場合は、防犯カメラやセンサーライトの設置が効果的です。

特に、録画機能搭載のカメラ付きインターホンや、人の動きで点灯するセンサーライトは、不審者やいたずらの防止に効果があります。

また、昔から行われている防犯対策として、踏むと音の出る玉砂利などを敷き詰める方法もおすすめです。

玄関前や庭など不審者の侵入経路になりそうな場所や、死角になりがちな家まわりのスペースに砂利を敷くと、雑草が生えにくいといったメリットもあります。

光 音 人の目

こまめな手入れもりっぱな防犯対策に

防犯対策においては、エクステリアの設備工事だけでなく、メンテナンスのしやすさについてもプランの段階から意識して考えることが大切です。

掃除や手入れのしにくいスペースや通路、溝などは死角になりやすく、荒れた状態を放置しておくのは不審者にスキを見せることにつながるからです。

ただ、土ぼこりで汚れたり枯れ葉が積もりやすい家まわりの場合、頻繁な清掃は身体的にも結構な負担になります。

趣味でガーデニングを楽しむ場合も、庭の手入れや整備に、どのくらい手間と時間を割けるかを視野に入れる必要があるでしょう。

見通しが良く、いつも手入れの行き届いた住まいは、それだけでも一定の防犯効果を発揮します。

不審者をシャットアウトする安心な住まいづくりに、エクステリア工事が果たす役割は思っている以上に大きいと言えるでしょう。