エクステリアのイメージを決める照明プラン

エクステリアの照明はとても大切

夜、玄関を照らして帰宅した家族や訪問客を迎えてくれるのがエクステリアの照明です。

照明はただ自宅を見えるようにするためのものではなく、とても大切な役割を担っています。

その役割は主に3つ。

一つは、安全です。

玄関にはバリアフリー仕様にでもしない限り、階段や段差がある方が一般的です。

特に、山を崩して開発が進められたような住宅地の場合は門を通ってからまたさらに長い階段がある造りのエクステリアも考えられます。

これは極端な例ではありますが、逆に昼間なら全く意に介さないほどのわずかな段差でも夜になると見えなくなりつまずいてしまうこともあり得ます。

つまり、どんなエクステリアの家だとしても、玄関だけを照らしても、また、門だけを照らしても不十分と言わざるを得ません。

エクステリアの照明には、足元がしっかりと見える明るさは最低限欲しいところです。

二つ目は、防犯です。

空き巣やのぞきなど家を観察したい人にとって暗がりは大好物。

ですから、暗がりを作らないような工夫はとても大切です。

近年建てられている新築物件では、人感センサーが取り付けられているものが多くなりました。

人が行き交うくらいの時間帯は安全のために常に点灯させ、深夜には人感センサーに切り替えるというタイプの照明もあり、防犯だけでなく省エネにも一役買っています。

エクステリアの照明があると・・・ 不審者の侵入・ノゾキを防止! 敷地内の移動が安全になる! 家が美しく見える!

素敵なエクステリアのイメージを照明で作る

そして最後の三つ目が演出です。

エクステリアは家に入る人すべてが初めに見るところであり通るところでもあります。

そのためエクステリアのイメージはその家のイメージと言っても過言ではありません。

前述した安全・防犯を損なわないことを前提として、どのように演出を加えるかが照明プランの見せどころともいえます。

模範的な照明プランの例として、門前に一つ、階段を照らすものが一つ、玄関に一つで、計3つの照明を使用したプランがあります。

安全性も防犯性も損なわずに奥行きのある玄関が演出できます。

また、広い庭がある家の場合は庭の演出の一つに照明を取り入れるのも良いでしょう。

照明プランを考える中で、照明の形も外せないポイントです。

和風の家ならば和風のもの、洋風なら洋風のもの、シンプルにしたければ飾りのないものなど、照明の形はエクステリアのイメージに沿ったものが良いでしょう。

エクステリア用の照明にはおしゃれなものがたくさんありますので、選ぶ楽しみもあります。

安全と防犯を確実にクリアしつつ素敵なエクステリアを演出する照明プランを考えるのは大変ですが、家のイメージが決まってしまうだけに十分考えましょう。

家を快適に演出する外構の照明のことは造園・エクステリアのプロに相談を!