ペットが快適に過ごせるエクステリアの工夫

ペットが嬉しいエクステリア

ペットを自由に飼うことができる点は一戸建て住宅で暮らす特権の一つです。

日本で飼育されているペットは犬と猫が二大巨頭。

猫は屋内での飼育が多く、外に出るとしても自由に出入りさせるという家庭が多いため、エクステリアが関係するのはもっぱら犬のほうですね。

そこで今回は、ペットの中でも犬にとって快適なエクステリアを考えていきましょう。

犬は必要最小限の運動をさせてあげなければストレスが溜まり、体調をも崩しかねない生き物です。

そのため、室内犬でも毎日の散歩は欠かさずに行わなければなりません。

外を散歩させて帰宅する際、室内に犬を入れる前に足を洗う必要が出てくるため、室内犬を飼育する場合でもエクステリアにペット用のシャワーを設置しておくことをおすすめします。

犬を抱えてバスルームまで移動するとなると、たとえ小型犬でも手間がかかるものです。

外で飼育する場合はもちろん、ペット用のシャワースペースで常に清潔を保つことができるでしょう。

また、雨の日の散歩はどうしてもおっくうになりがちですが、庭にドッグランを作ることで解決が図れます。

特に大型犬は散歩をしてもまだ足りないといったことも多々あるため、散歩プラスドッグランでストレスを解消してもらうようにすれば飼い主の負担も減るでしょう。

ドッグランを作る場合はフェンスの設置が必須となりますが、外が見えないようなフェンスにすることで犬も安心できます。

外が見えないフェンスがあると犬も安心ですが、防犯にもなるのでおすすめです。

人も使い勝手の良いエクステリアに

ペットは長く一緒に住む家族です。

そして、ペットも年を取ります。

犬も老いれば人間と同じように足腰が弱くなったり、目が見えにくくなりますので、先々を見越してのバリアフリー化も考えておくべきでしょう。

庭やエクステリアのバリアフリー化は人にとっても優しいですから、実施しておいて損はありません。

また、エクステリアにペット専用の物置や収納スペースもあると便利です。

散歩に行く時に使うリードや糞を回収する道具、餌、遊び道具などを一カ所に集約しておくことで、わかりやすくコンパクトに収納することができるでしょう。

また、大型犬は引っ張る力が強いため、頑丈なリードフックがあると便利です。

散歩の前や後、一時的にその場から動いて欲しくないといったときに、適当な場所にリードを引っかけてしまっては安全性が疑われます。

エクステリアはペットが快適に過ごせるか否かを左右する重要な部分です。

ペットを飼う予定がある、または現在飼っているという人は、一度エクステリアのリフォームを考えてみませんか?

大切な愛家のために一度エクステリアのリフォームを考えてみるのもよいでしょう♪