雨でも雪でも大丈夫!全天候型エクステリアの魅力

自然を感じられるエクステリア

私たちは日常の様々な場面でストレスを感じて生活しています。

人間関係だけではなく環境に関してもストレスを感じることがあります。

少しでもストレスを軽減して豊かな生活が出来るように、自然を身近に感じられる全天候型エクステリアを通して考えてみたいと思います。

自然が人に与える効果

毎日の暮らしがもっと楽しくなる

夏になるとバーベキューをするために山や川に出かける方が多くなると思います。

たくさんの荷物を車に詰め込んで、渋滞にイライラし、現地に着いたらセッティングをして…バーベキューをする前に疲れてしまいます。

自然の中での食事は美味しいし満天の星を眺めて癒されます。

でも全天候型エクステリアが自宅にあれば、思いついた時にいつでもバーベキューができます。

天候が急変しても慌てることもなく、帰りの心配をする必要もありません。

自然を身近に感じながら全天候型エクステリアで自然を満喫しましょう。

最近はコンサバトリーを設ける家が増えています。

コンサバトリーとはリビングと庭が一つに繋がっていて、居間にいながら外の空気を身近に感じることができるスペースです。

日本には四季があり、梅雨時はジメジメして不快ですが、コンサバトリーが自宅にあれば、雨音を聴きながら静かに目を閉じれば自分だけの癒しの時間になります。

雪が降りしきる寒い日に暖かいコンサバトリーから見る庭の光景を想像すると、雨や雪の日も楽しみになります。

家族を自宅で介護する人は外出に苦労することがあります。

特に車椅子を使用している場合は、雨や雪の季節、車のある所まで行くのに時間が掛かります。

傘を差して車椅子を押すのは大変です。

ところが玄関から続く全天候型エクステリアがあれば、家族も介護者も車椅子も荷物も濡れることなく外出ができます。

要介護のご家族を連れての外出は何かと準備も必要です。

さらに雨や雪などで車まで移動するとなると、外出することが面倒と感じるのではないでしょうか。

介護されるご家族も「何もこんな天候の悪い日に出掛けないでも」と思うのではないでしょうか。

子育て中の方にも同じことがいえますが、赤ちゃんを連れて外出時に荷物が増えても気持ちよく出かけられます。

駐車場も全天候型のエクステリアであれば車に与えるダメージも少なくなります。

自転車を玄関先に雨ざらしで置いてある家庭を見かけますが、劣化が早まります。

自転車は金属を使用していますから、雨ざらしの中では確実に錆が発生します。

4eeb8f0290ef5133893a2d1dcdfe7726