剪定

お庭の立派な植え込みも、ぼさぼさになったり、家の外まではみ出してしまうと、お庭や家にも陽が差さず暗くじめじめした印象になってしまいます。

綺麗に剪定することですっきりし、見事な枝ぶりを見せ、明るくすっきりとしたお庭に生まれ変わります。

剪定について

剪定

剪定とは?

剪定とは、樹木の枝を切り、形を整えたり、風通しを良くしたりすることです。
庭木のお手入れの一つで、定期的に行う必要があります。
見た目を美しくするだけでなく、さまざまなメリットがあります。
また、剪定時期や方法は樹木によって異なります。

剪定の種類

剪定のメリット

・見栄えがスッキリし、景観が良くなる
・風通しが良くなり、いつも新鮮な空気が循環する
・庭に日差しが当たり、木の成長を促進
・木の病気や害虫の繁殖を予防

定期的に剪定する理由

剪定において大切なのは定期的に行うことです。それによって常に美しい庭を保ち、病害虫などが発生するリスクを最小限に抑えられます。
庭木を何もせずに放置していると、成長しすぎた枝が家の日当たりを悪くする場合があります。
広がった枝によって日差しが遮られ、草木が育ちにくくなったり、最悪の場合枯れてしまう可能性もあるのです。また、庭木が家を覆い隠してしまっていると、空き巣に狙われる可能性があります。
それらを防ぐ為、防犯対策の上でも定期的な剪定が必要だと言えるでしょう。

剪定のタイミング

剪定には適切な時期があり、夏と冬の年2回行うのが理想的です。
それぞれの剪定内容を変化させることで、年間を通して美しい庭を保つことが可能です。
適したタイミングを逃さず、毎年繰り返して行うことが大切です。
pagetop