エクステリアに使い勝手の良い自転車置き場を確保する
  1. HOME
  2.  > 
  3. 暮らしを彩るエクステリアの基礎知識
  4.  > 
  5. エクステリアに使い勝手の良い自転車置き場を確保する

自転車置き場を確保したい理由

車や電車を利用する人はとても多いですが、自転車を利用する人も負けず劣らず多いものです。
交通費がかからず、二酸化炭素の排出もないエコな自転車が、日常生活において手放せないという方も少なくありません。
特に子どものいる家庭において自転車は必須アイテムともいえます。
そんな自転車を皆さんはどこに置いているでしょうか?
玄関先に置いてある家庭も見かけますが、雨に降られてしまうと雨上がりにすぐ自転車を使用することはできませんし、自転車の劣化も早まってしまいます。
自転車はほぼ確実に金属を使用していますから、雨ざらしの中で錆を発生させないように管理するのは不可能です。
車のガレージに車と一緒に置くという方法もありますが、自転車が1台だけなら良いものの、2台以上を置くには少し窮屈になってしまう家庭がほとんどでしょう。
だからといって玄関内に入れてしまえば、玄関が窮屈になってしまいます。
自転車が何台も入るような大きな玄関を持っている家はそう多くはありません。
このような点から、自転車はエクステリアに専用の置き場を確保することが最善と考えられます。

せっかくのお気に入りの自転車が錆だらけになってしまうケースも・・・

使い勝手の良い自転車置き場を造ろう

エクステリアに自転車置き場を造るときには、屋根は是非とも欲しいところです。
通常の雨を防ぐ程度なら四方を壁で囲う必要はなく、自転車を覆える程度の屋根があれば十分です。
公共施設の自転車置き場を思い浮かべて頂ければわかりやすいですが、前側が壁になっている場所、あるいはサイドパネルと呼ばれる板を設置することで風による吹き込みも押さえられます。
屋根の高さが高いと吹き込む面積が大きくなってしまうため、頭をぶつけない程度の低さのほうが良いでしょう。
使い勝手の良さを考えると、エクステリアの中でも玄関に近い場所が理想ですが、外から丸見えになると不格好のため、植木を利用したり、門柱や門扉で隠すなどの工夫が欲しいところです。
自転車は盗難が多いアイテムでもあるため、自転車置き場には自転車をつないでおける盗難防止用の車止めを設置しておくと安心です。
自転車が趣味の人は、エクステリアの自転車置き場もグレードアップさせてみてはいかがでしょうか。
簡易的な自転車置き場とは違い、こだわって造った自転車置き場は外を通行する人に誇れる佇まいになるでしょう。
高級な自転車を仕舞っておく場所には、防犯の意味でも鍵の設置をおすすめします。

屋根があれば、錆びる心配はありません!また、見た目も断然良くなります。